遺族の方々が謝罪を拒否した経緯

事実を正確に伝えておく必要があります。
 
平成30年3月に、遺族の代理人弁護士から、謝罪の意思があるかという問い合わせが、吉崎佳弥東京高裁事務局長にされました。
 
これを吉崎事務局長から聞いた自分は、その意思がある旨を吉崎事務局長に伝えました。
 
吉崎事務局長は、これを、遺族の代理人弁護士に伝えました。
 
その後、遺族の方から、謝罪を受けることを拒否する旨の文書が東京高裁に届きました。
 
私は、それを、吉崎事務局長から受領しました。
 
 
 
以上のことは、遺族の方が一番よくわかっていることです。