分限裁判の記録 岡口基一

分限裁判の記録です。研究者の方向け

ランダムさんのレビューです。最高裁に告ぐ

いまこの国の司法で何が起きているのかを知る必読書

「専門用語(法曹)も極力削ってあるのか、私たち市井の人々にも十分にわかりやすく、とても読みやすい内容です。

こんな特異な本があるのでしょうか。ブリーフサイバンチョこと岡口基一高裁判事による、体を張った「日本国三権が頂の一つ、最高裁判所と司法の現状ルポ」といった内容です。
俗っぽく書くと「高等裁判所の裁判長が最高裁判所で被告になる」という珍しい裁判でした。

※以下一部うがった書き方をしていますがご容赦ください。
ざっくり箇条書きすると、
高等裁判所の裁判官がブリーフ一張でツイッターにデビュー
・エロエロなツイートするね!と思いきやそれは数回で、あとはほぼ法曹界勉強用の判例や法解釈に関する紹介ツイート
・裁判所、とにかくブリーフサイバンチョのツイッターを閉鎖したい模様
・揚げ足取り始まる(所属の高裁によるパワハラ
・論点不明(反論すらできない内容)で処分裁判(分限裁判)が開始される
・こんな法手続きに則っていない裁判はありえないので当然勝訴すると思っていた岡口さん
・まさかの最高裁岡口分限決定(処分決定の敗訴)
・アクロバティックこじつけ有罪判決(と、私は何度読んでもそう感じました)
・弁護士ドットコムの多くの弁護士(実に91%)が「処分不当」とアンケートに回答
・さらに岡口さんを裁判官や法律家をやめさせようと裁判官訴追請求へ(現在進行中)
・本当の問題点はなにか?
・司法で今起きていること、最高裁は今どんな組織なのか
・これからの展望

ここからは感想です。
分限裁判の被告となった著者による、最高裁に対する怨嗟の声ではなく、明るい文体で、「何が起きてるの!?これはさすがにまずすぎるでしょう!法治国家としてありえない」という驚きとその事実の羅列、淡々とした批評で構成されていて読みやすいです。
私は、本来憲法や法律は思想があってそれを承けた文面があって、それらが日本人全員を互いに守っていると信じていました。その法律を作るのが我らが立法府、その文面を専門の法律家が解釈し、個々の権利や財産を守る手続きが裁判であり、裁判所の役割だと理解していました。そのことで社会全体の秩序が保たれているのだと。
しかし裁判所の最高機関である「最高裁判所」が、下級機関の裁判官に対し、法も捻じ曲げ思想も無視し、組織の論理だけでパワハラを追認するという事実。
判決文を読むと、アクロバティックとしか言えないような無茶苦茶なこじつけ理由で有罪にしています。しかも審議中にその話をしないという最初から処分ありきの裁判です。
これは会社に置き換えるとわかりやすい。上司の不遜を買った、だから処分。という話です。
しかし、これは裁判所での出来事です。何が正しくて何が正しくないかは、上司の気分や気持ちではなく「法律」であるべきです。
そうでなければ私たちはどうして社会人生活でパワハラの訴えを裁判所に起こせるでしょうか。会社等の組織で起きるパワハラを、法律や人権保護の観点で正しく裁くのが裁判所ではないのか、最高裁判所が平気でパワハラを追認する事実を、それも法を捻じ曲げてやるんだということを知る必要があります。

『職務上優位な立場を利用して、個の自由と権利を侵害、制限し、それに従わなければ不利益を与えると脅す』のを最高裁判所が合法手続きとしてやるのです。拙い例えですが、消防庁長官含む幹部が15名揃って街に火を付けて回るような所業です。

私は、最高裁判所は信頼できないと感じます。ことパワハラに関しては別の防護策が必要です。法律も裁判所も守ってくれないなら、そうせざるを得ないだろうと思います。

最後にこの事件の結論としてもう一言だけ書かせてください。
調子に乗ったツイッター裁判官を無理やり処分した本分限決定は「裁判所と司法に対する国民の信頼を損ね、また裁判の公正を強く疑わせるものでもあるといわざるを得ない。」

 

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1VV5O7Y44QGQT/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4000613316

最高裁に告ぐ 早くも3度目の増刷が決定 

こちらはKUBOTA033さんのツイートです

 

 

えろうすんまへんさんのツイートです 最高裁に告ぐ

いわゆる白ブリーフ判事として有名人となられた岡口基一氏による【渾身の訴え】である。一般人も無関係ではなく、まな板のコイであることを忘れてはならない。また恐怖新聞読売のくだりは必読の価値!

https://twitter.com/hapines3chan/status/1118279148508553216

晴耕雨読さんの「最高裁に告ぐ」読後感想です

「著者は現職の東京高等裁判所の判事。極めて真面目な内容で、最高裁の現状を深く憂慮されており、憂慮している事実(ご本人に下された分限裁判の結果、戒告処分を受けたことを含む)を粛々と書かれている。
 読み終えて、筆者自身の感想は…と問われれば、多くの部分について共感出来るところが少なくなかった。」
https://minkara.carview.co.jp/userid/110185/blog/42707930/

ある研究者の方による「最高裁に告ぐ」のレビューです

よくぞ書いてくだっさったと思いました。
ここまで具体的事実を書かなければならなかったと思います。

前半は分限の話ですね。これまでに発信されてきたことに加えて、大事な事実経
過が記されていますね。

メディアの劣化の象徴として抽象論ではなく、記者の実名を出したことは良かっ
たと思います。

「裁判官を辞めさせられるのは怖いが、SNSをやめることは、裁判官としてで
きない。自分の人権も守れない人間が当事者の人権を守れるはずがない」旨の一
文、他の裁判官らがどのような心境で受け止めるか、非常に大事な一文だと思い
ました。

後半の、昨今の最高裁判決の法理論の脆弱性は、まったく同感で、私も危惧して
いる点です。

拝読して一番感じたことは、ここで書かれていることの奥にある問題の本質を、
どれだけの読み手が理解するか、ということです。

岡口さんの仰るように、裁判官の公平・公正は虚像であってはならず、ありのま
まの裁判官を国民が知り、そのうえで承認するべきものだというのは正論ですが、
しかし、それをなしうる国民(つまり、権力というものを理解し、権力分立を理
解し、司法権の独立を知ったうえで裁判官がどうあるべきかを自分の頭で考え得
る人間)が「現実問題として」どれだけいるのか。
岡口さんのご著書に書かれている内容の本質を理解することができる人間がどれ
だけいるか、という問題。

今回の問題を踏まえて改めて感じたのが、
裁判所当局の人々の言動(組織統制や裁判官コントロールを含め)は、「そうい
う思想に基づく行動」なのか、
又は「思考停止した(全体主義の結果としての)無思想的行動」なのか、という
疑問です。

おそらく後者だと思うのです。

そうすると、「官僚裁判官の無思想性を批判することができるか?」という問題
が浮上します。

無思想性を批判できない場合、どこに向けて何をする必要があるか…。