分限裁判の記録 岡口基一

分限裁判の記録です。研究者の方向け

素晴らしい!岡口分限裁判を動画で解説 まつざき弁護士

大変によくできています。

最近、岡口分限決定は、大学の憲法の授業で取り上げられることが多くなっていますが、

この動画を授業で使ってもいいかもしれませんね(まつざき弁護士の了解を得て)

 

www.youtube.com

田端信太郎さんとの対談は あり かも!

 

俺を懲戒処分とした最高裁の決定は、
これまで二桁の学者から批判される一方で、
評価している学者は皆無。
反対意見なしの最高裁大法廷の決定で、
これほど評価が分かれた例は、
これまで見たことがありません。
最近では、大学の法学部の授業などでも、
この決定がよく取り上げられるようになっています。
しかし、マスコミ(=裁判所当局との関係を悪くしたくない)は、そういうことは報道しにくい。
田端さんとの対談で、そういうことを、広く理解してもらえるようになるのであれば、やってみる価値はありそうですね

f:id:okaguchik:20200623123540j:plain

 

 

岡口分限決定は、受験生にとっては、憲法上の重要判例になっているようですね

 

 

 
 
 

 

 

東大ロースクールで岡口分限裁判を題材にしています(^_^)

東大ローで岡口分限裁判を題材にしています(^_^)

 

いろんな論点がありますよ。裁判官の独立、表現の自由、裁判の公開・・
 

森雅子さんへ

森雅子さんへ

フェイスブックのメッセをしても
全然返信をしてくれなくなりましたね。

俺の司法試験受験時代に、
森さんが、早稲田司法セミナーの受付のバイトをされていて、
答練の手続などに行くと優しく対応してくれたことや、
「外国人の人権」の論証ブロックを教えてくれたことを、
今でも覚えています。

森さんが「口頭決裁」をしたと説明した、国家公務員法の解釈変更。
それを、法務省は、組織ぐるみで擁護し、
法務省の信頼は地に落ちました。

そして、それに続く、不可解な検察庁法改正法案の修正。

しかし、結局、全てが徒労に終わりました。

森さんは、今こそ、国民に謝罪し、
適正なプロセスを踏まない解釈変更が許されないこと、いったんこの解釈変更を撤回すべきであることを説明し、
そして、自らの意思で責任をとるべきです。

そこまですれば、法曹関係者は、森さんのことを、暖かく許してくれると思います。

 

森さん、チャンスは今しかありません。
しっかりと説明をして、けじめをつけ
そして、早く、あの頃の森さんに戻ってほしいと
心から願っています。

 

岡口基一