分限裁判の記録 岡口基一

分限裁判の記録です。研究者の方向け

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。

 

紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。

 

「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ育ったことと無縁ではないのかもしれません。」

 

http://bp-uccj.jp/publications/magazine/s201909/

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。

 

紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。

 

「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ育ったことと無縁ではないのかもしれません。」

 

http://bp-uccj.jp/publications/magazine/s201909/

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。

 

紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。

 

「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ育ったことと無縁ではないのかもしれません。」

 

http://bp-uccj.jp/publications/magazine/s201909/

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。

 

紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。

 

「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ育ったことと無縁ではないのかもしれません。」

 

http://bp-uccj.jp/publications/magazine/s201909/

押田朋大弁護士も、訴追委員会の動きに「懸念」

「私は裁判官による発信に対して萎縮効果をもたらすような昨今の裁判所や国会の動きについて重大な懸念を有している。」

「裁判官による自由な発信は,言うまでもなく憲法論として当然に保障されなければならないものである。

それに付け加えて,裁判官による自由な発信が保障されることは,我々法曹関係者にとって,ひいては国民総体の利益となるものである。

岡口判事の各著書はそのことを証明しているように私には思われる。」

 

https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2019_08/p46.pdf

押田朋大弁護士も、訴追委員会の動きに「懸念」

「私は裁判官による発信に対して萎縮効果をもたらすような昨今の裁判所や国会の動きについて重大な懸念を有している。」

「裁判官による自由な発信は,言うまでもなく憲法論として当然に保障されなければならないものである。

それに付け加えて,裁判官による自由な発信が保障されることは,我々法曹関係者にとって,ひいては国民総体の利益となるものである。

岡口判事の各著書はそのことを証明しているように私には思われる。」

 

https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2019_08/p46.pdf

押田朋大弁護士も、訴追委員会の動きに「懸念」

「私は裁判官による発信に対して萎縮効果をもたらすような昨今の裁判所や国会の動きについて重大な懸念を有している。」

「裁判官による自由な発信は,言うまでもなく憲法論として当然に保障されなければならないものである。

それに付け加えて,裁判官による自由な発信が保障されることは,我々法曹関係者にとって,ひいては国民総体の利益となるものである。

岡口判事の各著書はそのことを証明しているように私には思われる。」

 

https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2019_08/p46.pdf