分限裁判の記録 岡口基一

分限裁判の記録です。研究者の方向け

最高裁判所に提出予定の「主張書面」です(その2)

前回の続きです。 

 

 

第2 表現行為の特定について
1 本件ツイートは,「予告編」の記載に続けて,「本編」部分の記事のリンクを貼っており,リンクの中身を取り込んだ,或いは,読者がリンク先の記事を読むことを前提とした表現行為になっています。
これに対し,表現行為の後に,単なる「参考ウェブサイト」として,リンクが貼られることもあります。この場合のリンクは,参考のために貼られているものにすぎず,表現行為を構成するものではありません。
2 本件ツイートは,「本編」部分の中身も取り込んだ表現行為であるため,本件ツイートによってした表現行為を特定するためには,「本編」部分の記事を特定する必要があります。
 ところが,本件申立書の「申立ての理由」では,リンクを貼った記事のURLが記載されていませんから,私のした表現行為が正確に記載されたものとはいえません。そこで,私は,「申立ての理由」のうち,私のした表現行為について記載した部分についても,否認せざるを得ません。
 なお,表現行為は,その一部だけを切り取ると,全く別の意味になることがありますから,表現行為の一部だけを切り取って,その部分のみを非違行為とすることは絶対に許されないというべきです。
3(1) URL先の記事を表現行為に取り込むということについては,具体例で説明した方がわかりやすいと思います。
 私は,2008年からツイッターを続けており,毎日,20個程度のツイートをしていましたから,単純計算でも,これまで,7万3000個のツイートをしたことになりますが,その中から,一例を用いて説明したいと思います。
(2) 私は,過去に,こういうツイートをしたことがあります。

 「心は「ちんちん」の近くにあるんだね。
  https://twitter.com/seikoito/status/651419764699480066

 このツイートは,本文だけを読むと,とても品のない文章のように思われます。
 ところが,貼られているURLをクリックすると,そこには,いとうせいこうさんの,次のようなツイートが現れます。

「祖父江さんが『こころ』の装丁した時の話、面白かった。「心」の象形文字が心臓より「ちんちん」に似てることにこだわり、古代中国で心が丹田にあったことを突き止める。」

 また,このいとうせいこうさんのツイートには,その象形文字の画像も添付されており,それを夏目漱石が初版に用いたことなども説明されていますが,その画像は,確かに,幼児が描いた男性器のような形をしています。
(3) このように,上記の私のツイートは,リンクの中まで読むと,「ちんちん」というのが,ブックデザイナーである祖父江慎さんが用いた表現であり,しかも,当該象形文字の説明としてぴったりな表現であることがわかるのです。
(4) また,上記の私のツイートは,読者を驚かせるという効果も狙っています。
 上記の私のツイートを見た読者は,私が「ちんちん」という下品な表現をしていることに,最初は,とても驚きます。
 ところが,リンクの中まで読むと,私が下品な表現をしたのではなく,記事の内容を適切に要約したにすぎないことがわかるのです。
 このように,読者を,一瞬,或いは,一見驚かせた上で,リンクの中を見せることでその「種明かし」をするという手法は,私が10年間,繰り返し行ってきた手法であり,読者は,そのカラクリ自体を楽しんできました。
(5) しかしながら,私のツイートのうち,URLの部分を削除し,「心は「ちんちん」の近くにあるんだね。」の部分だけを表現行為であるとしてしまうと,私が,とても下品な表現行為をしたものと評価されかねません。
 そして,現に,上記の私のツイートは,私が最初に厳重注意処分を受けたとき,品のないツイートであるとして問題視されたことがあるのです。
 その際,このツイートは,「心は「ちんちん」の近くにあるんだね。」の部分だけが切り取られ,私がした品のないツイートの一例として,東京高裁の事務局が作成した報告書に載せられ,当時の東京高裁長官に提出されました。
 このように,表現行為の一部だけが切り取られ,あたかも私がとても品のないツイートをしているかのような印象を東京高裁長官に与えるということが,東京高裁事務局によってされたことが過去にあるのです。
(6) なお,厳重注意処分に対しては,不服申立ての機会が与えられません。
そうであれば,私が過去に2回厳重注意処分がされたということを今回の分限裁判において考慮することは,一事不再理原則に反して許されないのみならず,手続保障の見地からも許されないというべきです。
 上記の厳重注意処分の際には,裁判所職員が,私の過去のツイートをしらみつぶしに調べて,それをリストアップして文書を作成しましたが,そのリストの中には,私が,ツイッター上ではすぐに削除した,いわば「書き損じ」にすぎないツイートを,裁判所職員がツイログから「発掘」したものまで含まれていました。
「書き損じ」まで厳重注意処分の対象にすることは相当でないと思われますが,不服申立て手段がないため,私には,そのような主張をする機会すらなかったのです。

                               (第三に続く)

最高裁判所に提出予定の「主張書面」です(その1)

 

最高裁判所に対して,8月31日までに主張書面を提出することが求められていますので,その内容を公開したいと思います。3回に分けて公開をします。

まだ提出前ですので,ご指摘等あれば教えていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

平成30年(分)第1号

            主 張 書 面
                           平成30年8月28日
 最高裁判所 御中
                  被申立人   岡   口   基   一           
               目     次   
第1 「裁判官に対する懲戒申立書」の申立ての理由に対する認否
第2 表現行為の特定について
第3 審問期日の指定について
               本     文
第1 「裁判官に対する懲戒申立書」の申立ての理由に対する認否
1 本件の申立ての理由における事実の主張は,大きく三つの部分に分けることができます。
 一つは,私が,平成30年5月17日頃に,裁判官であることを他者から認識できる状態でツイッターのアカウントを利用したこと,
 一つは,私が,そのアカウントにおいて,同日頃に,犬の返還請求に係る民事訴訟(以下「本件訴訟」といいます。)についてのツイート(以下「本件ツイート」といいます。)をしたこと,
 一つは,本件ツイートを公開して本件訴訟の原告の感情を傷付けたことです。
以下,この三つの部分についてそれぞれ認否をします。
2 裁判官であることを他者から認識できる状態におけるツイッターアカウントの利用について
(1) 懲戒申立書の申立ての理由において,「被申立人は,裁判官であることを他者から認識できる状態で,ツイッターのアカウントを利用し,」と記載されている部分です。
「裁判官であることを他者から認識できる」というのは,ある事実に対する評価であって,具体的事実そのものではありません。どのような具体的事実に対して,このような評価をしたのかが明らかでないため,この部分についての認否は,否認とするほかありません。
(2)  司法研修所では,司法修習生が,起案に「原告と被告は虚偽表示をした」との記載をすることがありますが,これに対し,司法研修所教官は,これでは具体的な事実の主張とはいえないとして,「原告と被告は合意を仮装した」などと書き直させます。
 申立書等の裁判文書においては,評価や法的主張に先立ち,まず,その基礎となる事実を記載するというのは,裁判文書作成の「いろは」の「い」であるため,司法研修所教官は,司法修習生に対し,この点について,厳しく指導をしています。
3 本件ツイートをしたことについて
 申立ての理由のうち,この部分については,表現行為の特定の点で問題があるため,認否は否認とします。その詳細は,下記第2において主張しますが,この段階では,本件ツイートの内容について確認しておきたいと思います。
 本件ツイートは,「公園に放置されていた犬を保護し育てていたら,」で始まります。この文章の主語が本件訴訟の被告であることは明らかです。公園に放置されていた犬を保護して育てていたのは本件訴訟の被告だからです。
 この文章の主体である本件訴訟の被告に対し,本件訴訟の原告が,名乗り出てきて,「返してください」と話しかけます。この発言の主語が本件訴訟の原告であることも,「もとの飼い主」との記載から明らかです。
 これに対し,本件訴訟の被告は「え?」っと聞き返します。そして,「あなた?この犬を捨てたんでしょ?3か月も放置しておきながら・」と反論します。
 ここまでが,いわば「予告編」です。そして,「裁判の結果は・・」との記載は,いわば,予告編から本編に入ることを示しており,その記載の次にあるURLのリンクをクリックし,リンク先の記事を読むことで,本件訴訟の詳細を知ることができるという構造になっています。ちなみに,リンク先の記事は,確定判決についてのものであり,当事者の氏名等の個人情報は一切現れません。
4 本件ツイートを公開して本件訴訟の原告の感情を傷付けたことについて
「傷付けた」という表現が,法律家が用いる表現としては,やや稚拙な表現であることは否めません。しかし,その点をさておくとしても,この部分についても,否認をせざるを得ません。
 というのは,本件ツイートの公開という事実のうちのどの点がどのような理由で本件訴訟の原告の感情を傷付けたのかが,申立ての理由において明らかでないからです。
ここでも具体的な事実の記載が不足していることを指摘することができます。申立書というものは,被申立人が,その意味を理解して認否することができる程度に,申立ての理由を具体的に記載しなければなりませんが,それは,一般常識でもわかることだと思います。 
5 本件申立書における結論部分は,「被申立人の上記行為は,裁判所法49条所定の懲戒事由に該当し,懲戒に付するのが相当である」というものですが,この点については,争います。
 申立ての理由に記載された行為のいかなる点が,どのような理由で,裁判所法49条所定の懲戒事由に該当するのかが明らかでないからです。
 いろいろな可能性を想像することはできますが,その「想像」が正しいとは限りません。被申立人が,懲戒理由書を読んでも,どのような理由で懲戒の申立てをされているのかわからないというのは,前代未聞のことだと思いますし,被申立人に対する手続保障という観点からも問題があるといわざるを得ません。
理由がわからない懲戒申立てがされて,被申立人がその理由がわからないまま懲戒処分がされるのであれば,憲法違反の可能性も生じるというべきです。

                              (「第二」に続く)

 

「ツイッター止めろ」はパワハラ  労働専門弁護士の見解

ツイッターを今すぐに止めなさい、という要求は、行き過ぎたもので、個の侵害にあたり、パワーハラスメントと評価されると言えます。

 もし、あなたがこのような理不尽な要求をされた場合には、それはパワーハラスメントであるということを覚えておいてください。

 そして、必要なときは、弁護士などに相談することをお勧めします。」

news.yahoo.co.jp

分限裁判の情報の公開について

私は,今年の6月13日に,自身の分限裁判の開始を知りましたが,

そのことについては,一切,ツイッター等では明らかにしない意向でした。
それは,当該事件の当事者の方に配慮してのことでした。

 

ところが,私は,夏期休暇中の7月23日の新聞及びテレビを見て,大変に驚きました。
裁判所当局が,私の了解もなく,本来非公開である私の分限事件について,マスコミにリークしてしまったのみならず,
その対象となる行為が,当該事件についてのツイートであることまで明らかにしてしまったのです(ツイートの内容までは公表しないこともできたと思われます)。

そのため,私も,当事者に配慮して自身の分限裁判を秘匿する必要がなくなったため,情報の公開に踏み切ったという経緯です。
すでに,全国の多くの方が,この情報を知ってしまっているからです。

始まりは民進党?

私のツイッターを問題視していたのは,実は,民進党でした。


民進党は,裁判官訴追委員会において,私を訴追するため,6か月も準備をし,
その間,同党の真山議員が,国会で質問に立ち,裁判官が「5時ピタで帰れる」など
のツイートをするのは相当でないなどの意見を述べたこともありました。

 

 



他方,最高裁は,三権のうちの他の二権からの干渉というべき,裁判官訴追委員会
おける裁判官の訴追は,何が何でも阻止するというスタンスです。

そこで,最高裁当局と与党(自民党公明党)が協議をし,
最高裁当局が責任を持って私を指導するので,私を訴追にかけないということで話が調
い,
裁判官訴追委員会では,与党の反対で,私の訴追はなくなったとの見方が出ていま
す。

f:id:okaguchik:20180817122713j:plain


 最高裁当局は,与党と約束した手前,何が何でも,私のツイートをやめさせるか,
又は,そういう指導ができないのであれば,訴追に代わるものとして,分限裁判の申
立てをせざるを得なかったというのです。
 最高裁当局としては,分限裁判の申立てさえすれば与党への顔が立ち,この申立
てが認められなくとも,それは最高裁判事の構成(15人中,裁判官出身者は6人
しかいない)上,仕方がないものであって,最高裁当局の責任ではないということの
ようです。

つまり,今回の問題の始まりは,実は,民進党であったという見方です。