分限裁判の記録 岡口基一

分限裁判の記録です。研究者の方向け

日弁連の人権擁護委員会で岡口分限裁判が問題視されました

馬場龍行弁護士のご意見です

「もし岡口裁判官に対して訴追委員会が訴追の決定をして弾劾裁判所で罷免されるとすれば,三権分立の緊張関係が一気に崩壊してしまうレベルの危機だと思います。」 岡口裁判官の分限裁判,何が問題なのか? | コラム | 弁護士法人エース | リーガルサービス…

渡辺康行一橋大教授の論文

渡辺康行一橋大教授が,岡口分限裁判等を論文で取り上げてくれました。 渡辺康行「「裁判官の市民的自由」と「司法に対する国民の信頼」の間-三件の分限事件から」 @憲法の不変性と歴史性 辻村みよ子先生古稀記念論集 日本評論社,2019年8月 渡辺教授…

東京弁護士会の意見書です

「意見の趣旨 1 岡口基一裁判官が行ったツイートを理由に戒告処分にした最高裁判所決定は、適正手続の保障及び裁判官の市民的自由の保障について、必ずしも十分な配慮がなされていなかったのではないかとの疑念を払拭しえないので、今後は、最高裁判所が裁…

50さんの読後感想です 最高裁に告ぐ

岡口基一『最高裁に告ぐ』(岩波書店,2019/03)分限裁判にかけられた現職の東京高裁判事vs最高裁。正義はどちらにあるのか、どちらにも無いのか。判事は、本書をもって最高裁を批判。文章は、論理が明確で読みやすい。だから正しいとは言えないが、そこはかと…

伊藤塾で講演をしてきました。訴追委員会のことなどについて

maga9.jp

寝虫さんの読後感想です 「最高裁に告ぐ」

「確かに著者に対する最高裁の戒告処分には失望を禁じ得ない。反対意見もなく、ラストストロー理論に至っては意味不明。こうした問題点がよく整理されていて読みやすい。」 岡口基一『最高裁に告ぐ』(2019年、岩波書店)読了。★★。確かに著者に対する最高裁…

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。 紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。 「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ…

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。 紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。 「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ…

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。 紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。 「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ…

信徒の友で紹介されました 「最高裁に告ぐ」

日本基督教団の雑誌「信徒の友」で、「最高裁に告ぐ」が紹介されています。 紹介してくださったのは、伊藤朝日太郎弁護士(大泉教会員)です。 「岡口さんのユーモアと楽観性、そして上司からの圧力に屈せず在職中でも発言を続ける強さは、牧師の家で生まれ…

押田朋大弁護士も、訴追委員会の動きに「懸念」

「私は裁判官による発信に対して萎縮効果をもたらすような昨今の裁判所や国会の動きについて重大な懸念を有している。」 「裁判官による自由な発信は,言うまでもなく憲法論として当然に保障されなければならないものである。 それに付け加えて,裁判官によ…

押田朋大弁護士も、訴追委員会の動きに「懸念」

「私は裁判官による発信に対して萎縮効果をもたらすような昨今の裁判所や国会の動きについて重大な懸念を有している。」 「裁判官による自由な発信は,言うまでもなく憲法論として当然に保障されなければならないものである。 それに付け加えて,裁判官によ…

押田朋大弁護士も、訴追委員会の動きに「懸念」

「私は裁判官による発信に対して萎縮効果をもたらすような昨今の裁判所や国会の動きについて重大な懸念を有している。」 「裁判官による自由な発信は,言うまでもなく憲法論として当然に保障されなければならないものである。 それに付け加えて,裁判官によ…

ナラティブ研究会さんの「最高裁に告ぐ」読後感想です

「国民は、裁判所により意図的に作り出された「高潔な裁判官という人間像」によらず、適正な手続きと確実な根拠によって導き出された論旨により、判決を判断すべきである。それを気づかせるために、岡口氏は体を張って戦っているのである。」 narrativemaste…

ナラティブ研究会さんの「最高裁に告ぐ」読後感想です

「国民は、裁判所により意図的に作り出された「高潔な裁判官という人間像」によらず、適正な手続きと確実な根拠によって導き出された論旨により、判決を判断すべきである。それを気づかせるために、岡口氏は体を張って戦っているのである。」 narrativemaste…

作家志望の精神科医の方も、旅のお供に、「最高裁に告ぐ」を選んでくれました(^_^)

“白ブリーフ判事”の憂いと共に、北へ。 pic.twitter.com/MPpYNG0rtk — ナラ narra (@narrativemaster) August 6, 2019

作家志望の精神科医の方も、旅のお供に、「最高裁に告ぐ」を選んでくれました(^_^)

“白ブリーフ判事”の憂いと共に、北へ。 pic.twitter.com/MPpYNG0rtk — ナラ narra (@narrativemaster) August 6, 2019

講演依頼がありましたら、どこでも飛んでいきますので、ご連絡をください

昨日の講演会の様子です note.mu 連絡先はこちらです(著者自己紹介欄の中にあります)。 www.amazon.co.jp

講演依頼がありましたら、どこでも飛んでいきますので、ご連絡をください

昨日の講演会の様子です note.mu 連絡先はこちらです(著者自己紹介欄の中にあります)。 www.amazon.co.jp

まんまるまる亭さんの読後感想です 最高裁に告ぐ

bookmeter.com

最高裁判事に林道晴氏

最高裁判事に林道晴氏 www.nikkei.com これで、第三小法廷は、ますます「アンチ岡口法廷」に 戸倉三郎判事(俺の最初の厳重注意をした方) 林道晴判事(俺の2回目の厳重注意&戒告申立てをした方) 林景一判事(ラストストロー理論で、誤った事実に基づき、…

裁判官訴追委員会のメンバーが変わっています

現在のメンバーです www.sotsui.go.jp

岡口分限裁判が取り上げられました 「よくわかるメディア法」(第2版)@ミネルヴァ書房

フィクションにおけるプライバシー権ってそんなに緩やかなものじゃなかったはず…と思って調べたら犯罪絡みと私人では範囲が違って、さらに自己像コントロール権という概念まであった「よくわかるメディア法」ミネルヴァ書房2011出版だけど第2版は岡口裁判官の…

岡口分限裁判が取り上げられました 「よくわかるメディア法」(第2版)@ミネルヴァ書房

フィクションにおけるプライバシー権ってそんなに緩やかなものじゃなかったはず…と思って調べたら犯罪絡みと私人では範囲が違って、さらに自己像コントロール権という概念まであった「よくわかるメディア法」ミネルヴァ書房2011出版だけど第2版は岡口裁判官の…

あの不当な「岡口分限裁判の申立て」から1年が経ちました

表現行為により他人を「傷付けた」ことのみを理由とする懲戒処分の申立て 憲法を理解していない東京高裁長官によるあの不当な申立てから1年が経過しました www.okinawatimes.co.jp 表現行為というのは、必ず誰かを傷付けるものですから、「傷付けた」という…

あの不当な「岡口分限裁判の申立て」から1年が経ちました

表現行為により他人を「傷付けた」ことのみを理由とする懲戒処分の申立て 憲法を理解していない東京高裁長官によるあの不当な申立てから1年が経過しました www.okinawatimes.co.jp 表現行為というのは、必ず誰かを傷付けるものですから、「傷付けた」という…

裁判官訴追委員である磯崎陽輔氏が落選

これで訴追委員は、少なくとも1人のメンバー変更が行われることになります。 大分、自民党の磯崎陽輔候補が落選。安倍首相のお気に入りの一人であの自民党の新憲法草案とりまとめた事務局長。よほど地元で評判悪かったんだな……。 pic.twitter.com/RddUCH0p9…

岡口分限裁判が、ハーバード大学の雑誌で取り上げられました

政治的圧力により、本来、何の問題もないはずの「犬を捨てた裁判に関するツイート」が利用され、戒告処分にさせられたなどの分析がされています。 http://www.law.harvard.edu/programs/olin_center/papers/pdf/Ramseyer_1007.pdf

岡口分限裁判が、ハーバード大学の雑誌で取り上げられました

政治的圧力により、本来、何の問題もないはずの「犬を捨てた裁判に関するツイート」が利用され、戒告処分にさせられたなどの分析がされています。 http://www.law.harvard.edu/programs/olin_center/papers/pdf/Ramseyer_1007.pdf