分限裁判の記録 岡口基一

分限裁判の記録です。研究者の方向け

審問期日後に、記者会見が開かれることになりました

9月11日の審問期日は、代理人及び私が出頭し、

期日終了後には、記者会見が行われることになりました。

 

また、マスコミ各社は、最高裁判所に対し、審問期日の傍聴を申し入れており、

その許否の連絡が、明日にも、マスコミ各社に対してされるようです。

 

なお、寺西判事補事件では、3名の最高裁判事(尾崎行信、河合伸一、遠藤光男)により、

懲戒権者が裁判所自身であることなどから、分限裁判は公開の場で行なわれるべきであるとの意見が付されています。

裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面